Shooting Garage とは

日本のバスケット界って結構部活スタートが多かったりする

でも私たちが頻繁に訪れるアメリカには、お父さんが自分ちのガレージにリングを設置してくれてる

まさにPlay Basketball 遊びの中から始まる。

30人いる部活が、3時間練習する。リング2つ、良いところで4つかな?
そんな中で選手は何本のシュートを打ってるんだろう?
あるときあるチームのシュート本数を数えたら、一人100本位かな?
それも、レイアップ、ジャンプシュート、3ポイントバラバラで。

それに比べて、アメリカの子供達はどうだろう?
専用のリングを持ってるから、好きな子は陽が暮れるまで、好きなシュートを何本も打てる。

やはり環境が日本とアメリカでは違いすぎる。

でも本来は勤勉な日本人、少しでも、アメリカに近いような環境が出来たらなって想いから、このShooting Garageは誕生しました。

チームで来場されて、シュートの確率をチェックされてもよし。
アカデミープログラムに参加され、一歩一歩シュートの確率をあげていくのもよし。
個人的に、集中的にシュートを打ち込みたいもよし。

とにかく、室温管理されたこのGarageで

あなたの夢に向かって、目標に向かって「夢中」になってください。